2009年10月23日

ご縁

昨日、今日と盛岡で仕事をさせてもらっているK社に行ってきました。

K社とはISOの認証取得のお手伝いから始まり、その後2年間ISO運用のお手伝いをさせていただいていました。

一区切りがついたので、今回が区切りのコンサルでした。

昨日、担当のT部長が事務局の打ち上げ会を開いてくれました。

事務局の若手で今、とても忙しいBさんと風邪をひいて体調をくずしているKさんが来てくれました。

この大変な時に来てくれたことは非常にうれしかったです。

私は「ご縁」というものがあると考えています。

「ご縁」がなければ、いくら近くにいても、いくら欲しても出会うことはないと思います。

また「いい縁」と「悪い縁」があり、私的には「いい縁」は続けていきたい。「悪い縁」は早く切ると思っています。

K社は事務局もすばらしいし、また社員の方々もいい人ばかりです。

「いいご縁」はずっと続けたい。

また一緒に仕事をさせてもらえることを願っています。
posted by Mr.ISO at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

台風

今日は山形県の左沢で審査でした。

明日は酒田でまた審査の予定が入っています。

左沢から酒田までJRで移動しようと思っていたのですが、
折りしの台風・・・予定していたJRはすべて止まってしまいました。

お客さんに相談したところ、寒河江から高速バスがでていることことでした。

バス会社に確認すると運行しているということです。

寒河江から高速バスで酒田まで移動できました。
(ひと安心です)

酒田はすごい風で、歩っていても吹きとばされそうでした。

審査員は天災(台風、地震)には非常に弱いのです。
posted by Mr.ISO at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

事業継続マネジメントシステム

去年のリーマンショックに始まった経済恐慌。

倒産した会社も多数あります。

やっと底は脱したという報道はあるものの、実態経済はまだ困難な状況です。

今、私は仕事で事業継続マネジメントシステム(BCMS),事業継続計画(BCP)を手がけています。

このBCP,BCMSとは、事業が中断するような事象(地震、天災、新型インフルエンザ等)が発生したときに、目標時間内に事業を復旧させる計画を作成し、もしそのような事態が発生したときに
本当に使える復旧計画をつくることです。

企業はその社会的使命から潰してはなりません。

1企業がなくなれば、何十人〜何百人単位で雇用の場が失われます。

同時にその地域に納めていた税金、家族が買い物をするときに使うお金等、地域社会に与える影響は甚大です。

だからこそ、何があっても事業を復旧できるよう準備(計画)をしておかねばなりません。

8月30日には総選挙があり、大きな政治の地殻変動が起きる可能性大です。

それに新型インフルエンザの国内流行。

事業の中断を引き起こす要素は、今、かなり多い状況です。

「そんなことは起こるはずがない」「そのときはそのときだ」という
刹那的な考えを持っている経営者は失格です。

企業は滅びてはならないのです。

今、何が必要かをもう一度じっくり考えて頂きたい。

宮城県沖地震は今晩起きても不思議ではないのですよ。
posted by Mr.ISO at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

雑音への条件反射

今日は、集中して仕事をしようと思い、近くのファミレスに行きました。

ときどき利用するのですが、ファミレスの中は、お客さんの話し声で
大賑わいです。

ここで集中できるのかというと、できるんですね〜。

特に資料を読む仕事など格段にはかどります。

私は仕事がら、JRでの移動がほとんどです。その移動時間を資料の確認や読書につかっています。

ですから話し声があったほうが、逆に集中できます。これは一種の条件反射ですかね〜。

事務所にいて資料を読むと、やれパソコン、やれ読みかけの本と

集中を妨げるものがいっぱいあります。

それにしてもファミレスで仕事が進む一番の要因は
「タバコ」を吸いながら仕事ができる・・・ことなのかもしれません。(ちなみに私はスモーカーです)
posted by Mr.ISO at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

新型インフルエンザ

とうとう新型インフルエンザが国内発生、このニュースが報じられた

のが昨日でしたが、今日は感染者がどんどん増えています。

しかしこれは想定内のことです。「やっぱりきたか」という

感じです。関西での感染者が多い。

マスクが飛ぶように売れているようです。

ネットでも有名メーカーの高機能マスクは欠品中、いままで見なかっ

たメーカーが「N95マスク相当」といってマスクを売っています。

(N95マスクとは外からの感染を防ぐ高機能マスクです)

「N95マスク相当」とはどのくらい「相当」なのかはわかりませ

ん。(ひょっとすると便乗商法?)

この感染拡大に対して政府は、学校の休校、集会の自粛等を

打ち出しているようです。

実はこれも以前からの政府の新型インフルエンザのBCP

(事業継続計画)で考えられていたことです。

枡添厚生大臣は「備えすぎるということはない」という考えですが

私も同感です。新型インフルエンザに対する知識があれば

しごく当然のことだと思います。

日本はなんとなく、いつの有事のときでも「対岸の火事」的な

発想のような気がします。

「備えあれば憂いなし」 先人はとてもいいことを言っていますね。
posted by Mr.ISO at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

自宅待機

さて、新型インフルエンザですが、今週にでも警戒水準がフェーズ6

(世界的大流行)に引き上げられそうだとのニュースがありました。

三菱重工がメキシコからの帰国者を10日間隔離して、その間

二次感染が起きないようにしているそうです。

妥当な行動だと思います。

自宅待機を命じられても、今の日本の現状では、感染者が元気な内は

外出をしてしまうのではないでしょうか?

その結果二次、三次感染が増える。

三菱重工のリスク管理は極めて妥当なものだと思います。

うちの娘にも「新型インフルエンザが流行したら、学校が休校に

なるよ」と言ったら「友達といっぱい遊べていいわね〜」という

返事が返ってきました。

「そうじゃない!」という思いと、「普通の人はこんな感じなんだな

〜。」という思いがありました。

会社、家庭、個人のリスク管理を忘れずに。

「備えあれば憂いなし」ですよ。
posted by Mr.ISO at 16:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

パンデミック

豚インフルエンザはH1N1型インフルエンザと正式名称がつきました。

WHOが警戒水準を4月30日にフェーズ5に引き上げました。

新聞にこのインフルエンザの発表があったのは4月23日、そのとき

はフェーズ3でした。わずか1週間の間で状況が一変しました。

これが新型インフルエンザの恐ろしいところです。

警戒水準が最大のフェーズ6(世界的大流行=パンデミック)に

なるのも時間の問題だと思われます。

さて、この状況を踏まえて、我々はどう自衛すればいいのか。

まず感染予防です。不要不急の外出は避け、もし外出するときは

マスク着用です。このマスクは医療用で使用されるサージカルマス

ク、またはそれより性能が高いN95マスクがいいといわれています。

私は事前に準備しましたが、今はネット上でも在庫切れで入手は

困難なようです。(これはマスク素材の会社の株価があがったので

当然予想されたことです)

それと、もうひとつ必要なのは知識のワクチンです。

これらマスクの種類や、感染防止策、現在の発生状況等を

きちんと把握すれば、どう対応すればいいのかが自然とわかります。

しっかりとした知識をもたなければ、ベストな対応ができません。

「新形インフルエンザは、いつものインフルエンザより少し

重い症状がでるくらいだな」という認識の方は

是非知識のワクチンを打ってください。
posted by Mr.ISO at 01:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

フェーズ4

今日、豚インフルエンザの警戒水準が3(人から人への感染が全くな

いか、極めて限定的)から4(人から人への感染が増加)に

引き上げられました。これが何を意味するか。

人から人へ感染することが確認されたのです。

現在、空港での検疫が強化されていますが、感染して発症するまでの

潜伏期間にある人はフリーパスで入国します。

昨日の段階で大手企業が、メキシコにいる社員に対して帰国の指示や

工場の停止を行いました。

これらの企業は「BCP(事業継続計画)」が整備されていたのでし

ょう。

さて我々のすべきことは、

国まかせ、行政まかせでは後手に回ります。

「自分の身は自分で守る」これが基本です。

自助、共助、公助の順です。

では何が有効か?

不要不急の外出は避ける。

人ごみにいくときはマスクをつける。

せきをしている人に半径2m以内に近づかない。

最低限これは実行しましょう。

自分を守るのは自分なのです。
posted by Mr.ISO at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

豚インフルエンザ

豚インフルエンザが大流行の兆しを見せている。

最初の新聞報道は4月24日だった。

「メキシコで61人が豚インフルエンザで死亡」

しかしあまりに小さな枠だった。

そして同じ日に発生した○MAPのメンバーの失態でテレビの

ニュースは沸きかえっていました。

「これでいいのかいな、豚インフルエンザの方が重要ではないか?」

と思っていたところに、4月26日の朝刊1面に

「WHOが非常事態宣言」と大見出しで豚インフルエンザを

取り上げていた。

私は仕事でBCP(事業継続管理)を行っている。

企業活動を中断させる大きなリスクは日本では地震だが、諸外国では

「新型インフルエンザ」である。

この対策は日本でも国レベルでは、盛んに行われているが

地方自治体では、皆無に近い。

近くの保健所に「新型インフルエンザの対策はどうなっているの?」

と聞いたところ「そういえば来月セミナーがありますね」

そんな状態である。

この豚インフルエンザに対する対応で、東北で最も早かったのは

福島県だった。26日には問い合わせ窓口を公表している。

今回のウィルスはH1N1型という弱毒性であるが

メキシコでの致死率は今のところ6%である。

世界各国で感染者が発生している。

WHOでも会議を前倒しにして、今日(27日)にフェーズを引き上げ

るかどうかの会議が開かれている。

今のフェーズは3レベル(限定的な感染)であるが、これが4レベル

(大流行の兆しあり)になれば、感染予防のためにいろいろな制約が

発生する。

恐れを助長するわけではありません。

現実をとらえ、それに的確に対応していかねばなりません。

自分の身は自分で守る。企業も同じです。
posted by Mr.ISO at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

セミナー参加

昨日、今日と2日間、セミナーを受講してきました。

セミナーの講師はいつも行っているのですが、

受講するのは久しぶり。新鮮でした。

やはりライブが一番。本を読んでもどこがポイントであるかは

なかなかわからないが、セミナーは一発でわかります。

講師の声のトーンやそれに関する説明の気合、

わかりやすいですね〜。

講師は東京で活躍しているコンサルタントの方でした。

さすがにわかりやすい、実践経験も豊富で納得させられました。

そしてこの方も決して偉ぶらない、大物ですね。

やたら威張っているのは、小物、にせものです。

大人物ほどおどろくほど謙虚です。

つねに心に留めておきたいと思います。
posted by Mr.ISO at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。