2019年06月27日

ISO9001 規格の説明 7.支援 7.1.2 人々

ISO9001 規格の説明 7.支援 7.1.2 人々では

「組織は、品質マネジメントシステムの効果的な実施、並びにそのプロセスの運用及び管理のために

 必要な人々を明確にし、提供しなければならない」との要求があります。

 ではこの人々は誰をさすのでしょう?

 正解は全社員です。

 システムの効果的運用並びにそのプロセスの運用及び管理とは

 「実業務の仕組みの効果的な運用、並びに各業務の運用と管理」のことです。

  各業務の運用と管理、つまり業務に対する責任と権限です。

  これがない社員はいませんよね。

  会社の仕組み(マネジメントシステム)の効果的運用=成果を出す。

  これは全社員が自己の業務に責任をもって仕事を行わなければ

  成果は得られません。

  ISOを勘違いしている人は、この人々を推進メンバーとか、

  特定の管理職、特定の部門の人々などと定義している人がいますが、

  それは間違いです。






posted by Mr.ISO at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。