2019年06月13日

ISO規格の要求事項の章立て

ISOの要求事項の章立ては

4.組織の状況〜10.改善までです。

というと、かなりの方々が

「なんで1.からではないの?」という

疑問を持たれます。

ISOの規格書では

1.適用範囲
2.引用規格
3.用語及び定義

となっておりまして
1.〜3.は仕組みを作る要求事項ではありません。

ですから4.組織の状況〜10.改善が
ISOシステムの仕組みをこのように作ってくださいという
要求事項になっています。
posted by Mr.ISO at 07:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。