2018年07月24日

ISO審査機関の不正

昨日の新聞で、ISO審査機関のロイドリジストラーが、顧客に不正にISOの認証を与えたとして、
上部団体のJABから処分を受けたことが載っていました。

無資格の力量のない審査員に審査をさせて認証を与えていたとのこと。

同じISOの審査員としては、どうしてそんな事を行ったのかがわかりません。

我々審査員は審査機関のもと、厳正な管理をされ、審査の公平性を担保しています。

このような粗悪な審査機関があると、ISOもいい加減ではないかとの悪い評判がでます。

ISOは企業経営に最高のツールです。

私もISOの評判を落とさないよいに頑張ります。
posted by Mr.ISO at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。