2015年03月18日

内部監査

今日はお客様の環境ISOの立ち合いでした。

内部監査はルールを守っていることを確認する(適合性)と
システムを運用して成果がでているか(有効性)の2つを確認します。

システムを運用して成果がでなければ意味がありません。

この有効性をどのように高めてゆくかがISO運用のポイントです。

この2015年にISO9001とISO14001規格の大幅な改訂があります。

この規格改訂は、システムを運用して成果がだせることを意図したものです。

実態のシステムと合致した、かつ成果がだせるような仕組みが
新規格では求められます。
posted by Mr.ISO at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック