2014年01月08日

人は環境に左右される

今日は「人は環境によってその行動が大きく左右される」ことを
実感しました。

大げさなことではないのですが、

今日は歯医者に行きました。

前回、型を取って、差し歯を作ってもらい
入れてもらう予定でしたが、
差し歯が合わない・・

また型を取るということなので
どちらに責があるか確認のため

「前回の型は失敗したのですか?」と聞いてみると

歯医者さん曰く
「技工士が模型をつくるときに模型が欠けて、それで
 歯をつくったので合わなかった。今日の型は無料です」
と説明があったが、

そのあと「この歯の周りの歯も悪くなっているんでよね〜」と
焦点をボカシ始めました。

別に謝ってほしいとは思わなかったですけども
非を認めたら「すいません」の一言があっていいのではと・・・

たぶん、患者さんで私のように苦情を言う方はいないんでしょう。
謝ることをしなくてもいい社会にいるんだなと納得。

また、車の中でラジオを聞いていたら、
仙台の常盤木学園の校長先生が出てました。

この校長先生は元銀行マンで校長になって20年。

生徒の就職時に、学力だけで優先順位をつける他の教師と
葛藤したとのことです。

私も社会では、学力の比重はほんの数%にすぎないと思っています。
何より人間力です。

しかし教職の環境しかしらない先生がたは、今だ学力偏重みたいです。

歯医者さんも先生もおかれた環境がそうであれば、
考え方もこのようになるのも仕方がないでしょう。

ただし、それはかなり一般社会では受け入れられない事実に
気づいてほしいものです。
posted by Mr.ISO at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック