2013年04月04日

鳥インフルエンザ

上海で強毒性の鳥インフルエンザが発生している。

最新の情報では感染者11人、死者4人となっている。

中国政府の発表ではまだ人から人への感染は確認されていないというが、
中国当局の情報の信憑性は確実ではない。

WHOでは今回のH7N9型ウィルスは人に感染する変異が見られるとの
報告があった。

強毒性のインフルエンザがパンデミック(世界的大流行)になれば
アメリカでは核戦争に匹敵するインパクトがあると言われている。
現在でも”死亡率”が約40%

上海には日本の企業が多数あり、上海からの帰国者も多いので
ウィルスは日本には当然もう入っていると思われる。

日本の対応としては中国への渡航者へ鳥には近づかない、マスクの励行を
呼びかけているが、この程度の対応でよいのだろうか。

香港では上海からの渡航者に対し検温などを始めている。

日本で発症してからでは遅い。

水際で止めるようにしっかり対策してもらいたい。
posted by Mr.ISO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック