2012年08月03日

ISO22301

私は事業継続計画(BCP)策定の仕事もしています。

BCPとはインシデント(地震、火災等)事業を中断させる事象が発生しても
目標とする復旧時間内に重要業務を復旧する計画のことです。

このBCPのマネジメントシステムとしてBCMS(事業継続マネジメントシステム)というものが
あります。

このBCMSの第三者認証の規格として、今までは英国規格のBS25999が使われていましたが、
今年の5月にISO22301(社会セキュリティー事業継続マネジメントシステム)として
ISO化されました。

私はこのBCMSの審査員も行っておりますので、その差分のトレーニングを受けに一昨日
横浜へ行ってきました。

ISO化されて変わったところは、BS25999では目標とする復旧時間内に重要業務を復旧させるところまでが求められていましたが、ISOになり、さらに定常業務に戻るまでの戦略が求められるようになりました。

昨年の大震災でもわかる通り、事業継続は企業にとって必須のものです。

この規格がISO化されて、取得に動く企業が多くなると思います。

今後は企業間取引に重要な役割を果たすことになるでしょう。
posted by Mr.ISO at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック