2012年03月08日

ISOの審査

火曜日から今日までの3日間、私のお客様のISOの認証審査でした。

ここのお客様は、昨年末、粗悪な審査機関の審査員が来たことで
審査を中断されました。

しかし思い直して頂いて今回の審査を受けて頂きました。

無事に審査も終わり、優秀な結果でした。
お客様にも本来のISo審査をご理解頂けたようなので
私も嬉しかったです。

しかしISOの審査員には「おおきな誤解」をしている
審査員がいることをいろいろなところで耳にします。

「大きな誤解」とは何か、

それは審査員自身が「自分は偉い」と勘違いしていることです。

このような審査員はお客様に余計なことばかりやらせて、
「百害あって一利なし」です。

このような審査員が多くいる審査機関なら、

審査機関を変えてみるのもいい手です。

審査機関を変えてもISOの認証には一向に差支えありません。


posted by Mr.ISO at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック