2008年10月13日

経営者の勘

今年の2月にお世話になっている中古車販売会社の社長と話をしました。

社長がおっしゃるには「今年はいつもと状況が違う。どうなるかわか

らない」と言っていました。

「20年商売をしているが、今年は何か変だ」ということでした。

今、未曾有の世界経済の混乱が続いています。

社長はこれを予見していたのでしょう。

経営者の勘にはすごいものがあると感じました。

経済の学者や投資トレーダーが予見できなかったことを

自らの経験を踏まえて予見してしまう。

まさに「経営者の勘」です。

もうひとつお話しましょう。

私が10年前、経営コンサルタント会社にいたときの話です。

ちょうどバブルがはじけたばかりのころです。

ある不動産会社の社長と話をする機会がありました。

その社長がおっしゃるには、「バブルのとき、あれほど頻繁に来てい

た銀行の支店長がぱったりとこなくなった。」

「その後アメリカへ旅行したが、アメリカは景気は悪い」

その時社長は「このままの状況が続く訳がない」と確信したのだそう

です。

そしてすぐに自社の持っていた不動産をすべて売却してしまったとの

ことです。

それからバブルが弾けました。

その社長は不良債権をもつことはなく、他社が負の遺産に苦しむ時

順調に企業活動を続けたそうです。

「経営者の勘」によって企業はリスクを回避し、事業を継続します。

「実践の中で身につけた勘はどんな理論よりも強い」

切に感じます。
posted by Mr.ISO at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

http://www.valras-plage.net/sytropin-review/
Excerpt: ISO的発想の進め
Weblog: http://www.valras-plage.net/sytropin-review/
Tracked: 2016-12-07 15:57